大腸ガン、50才4年生。
09年6月大腸(横行結腸)がんを告知される。                                 進行度ステージ3b。 現在48歳になりました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院からその後。
すいません。

元気でやっておりますが、

ブログは放置しておりました。

入院中及びその後はこちらに書いてました。

http://blog.livedoor.jp/hukuzow/archives/2010-11.html
スポンサーサイト
入院6日目
11/4日木曜日、夜の駆け込み診療からそのまま入院となってから

はや6日目となりました。


11/4 朝、目が覚めると少し寒気があった、それとお腹が張り

    気味に痛かった。 しかし、朝風呂に入って仕事に出かけた。

    けれどもあんまり熱が上がってきた感じだったので、近くの

    内科医で解熱剤をもらいそのまま帰宅。この時の熱は38.7℃

    軽くうどんを食べ薬を飲んで横になった。

    相変わらずお腹の張りは取れず、押してやるとかなり痛かった。

    夕飯を食べる元気もなくヨーグルト・オレンジジュースなどを

    飲んで薬をのみました。

    30分後くらいに腹部に1発の激痛が!!

    そのままダウン。

    脂汗がだらだらとでてあわてて、手術入院していた病院へと

    向かいました。

    歩くのもやっとの状態で診察室に入り、診てもらうと

    腸閉塞という診断でした。

    そして痛み止めをうってもらいそのまま入院となったので

    あります。

    熱は上がり続け40℃近くまでになってました。

    1年前よりずっと素敵になった看護師のHさんに電器毛布

    と布団を1枚追加してもらい少し落ち着きました。

    強力解熱剤の座薬をHさんに入れていただき、眠りにおちました。


11/5 朝から腹部CTと胸のレントゲンの検査

    検査の結果は、

    肺炎。右の肺にもやもやがあるそうです。
 
    お腹の痛みは腸閉塞ではなく、以前あいていたであろう箇所

    に又もや穴があいたようです。

    1日中40℃近い熱で座薬が大活躍でした。

11/6 この日も熱が下がらず前日同様、座薬のお世話に。

11/7 朝の熱が37,3℃と少し落ち着いてきました。

    寝るまで熱は上がらずこの日は解熱剤を使いませんでした。

11/8 前日同様熱は37℃前半で安定

    腕からの点滴をやめ、鎖骨付近からのカテーテルでの点滴に
 
    切り替え。看護師さんもこれで一安心!

    入院以来絶食に入っておりましたが、この日から水はOKに。

    早速に水を飲むとむせてしまい最悪の状態、

    「咳こむたびに、お腹が痛いこと痛いこと」
    
    3日ぶりの最高に美味しい水のはずだったのに(笑)
     
   
禁酒3日でのぞんだ検査
今回は血液の検査があるのがわかってました。

前回肝臓の数値が飲みすぎのためと思われる悪い結果が

ありましたので、3日ではありますが酒をやめ採血を

してきました。

結果は次回来月15日です。

さて、どうなってるでしょうか。

定期の診察は特に変わったこともなく終了し、

来月あたりで大腸のカメラを入れることになりました。

退院後もう直ぐ1年経過なので、観た方が良いと言う事ですね。

いやだな~

けどまあしゃあないですね。

2リットル飲みましょう!!
肝臓の数値がやばい
8月2日に通院の予定でしたが、
 
実際行ったのは13日、病院はお盆なのに休めませんね。

この日は血液を採血しあとは軽く診療して終わりでした。

9月10日、

血液検査の結果は・・・・

飲みすぎのため、肝臓の数値が悪かった。

主治医の先生は「控えられれば控えて下さい」

なんて感じで、絶対ダメ的な感じではない。


ん・・・・

来月の検査前は2~3日酒をやめよう。

その結果を知るために。


1年後のCT検査
7月5日、ほぼ手術から1年後となります。

CTの検査をしていただきました。

切除付近、肝臓などCTでは異常がありませんでした。

次回の来院は8月2日となります。


この日はPETのある自宅から歩いて2分の病院に行って

PETのことを少し聞いてきました。

料金は約10万円、時間は2~3時間のようです。

高いですね~。

受けたいけどね。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。